こんな時どうする?離婚の危機

姉夫婦が些細な会話で喧嘩が勃発し、両家の両親が説得することで離婚の危機を回避することができました。

こんな時どうする?離婚の危機

姉夫婦が離婚の危機になってしまったことについて

最近離婚する夫婦が急激に増加し、現在では3組に1組が離婚していると言われる世の中になりました。人により育った環境や出会った環境、婚姻に至った経緯が全く違いますが、一度はお互いを愛し合い、将来を一緒に生きていきたいと思うことで結婚することに至ったと私自身思います。夫婦関係を続けることで何らかのトラブルや喧嘩があり、離婚するという選択をした人が数多くいると思いますが、お互い一度は愛し合った仲なので、相手を思いやる心さえあれば夫婦仲を修復することは可能だと私自身考えています。

私は主人と結婚し5年という月日が経過しますが、主人と結婚することで二人の子供にも恵まれ、日々幸せに暮らすことができています。約1年前私が末っ子を妊娠中のときに、姉夫婦が離婚の危機だということを両親から聞き、姉夫婦だけで話し合うのではなく、両家の両親のもとで話し合う必要があると私自身思いました。姉夫婦には5歳になる男の子の子供がいたため、お互い子供のためにやり直すことを考えるように、両家の両親が説得を開始しました。私自身姉夫婦のことが気になり、子供を主人にあずけ姉夫婦の説得の場に参加していました。姉夫婦はお互いに冷静さを失い、その場に誰かいなければ役所に離婚届を提出しに行きそうな勢いでした。同じ屋根の下で暮らしていると口喧嘩をする機会も多く、相手の顔を見たくないと思ってしまうこともありますが、お互いに信頼し合っているからこそ、いつの間にか相手を許すことができます。姉夫婦の場合、夫婦の些細な会話で大喧嘩に勃発することになったようですが、姉もパートタイマーの仕事を始めたばかりで、心に全く余裕を持つことができない状態だったと思います。お互いに言いたいことを言えたことで、互いの怒りはおさまり何とか危機を脱することができました。現在は夫婦仲良く暮らすことができているようですが、私達夫婦にもいつ危機が起こるか全く予想することができないため、日頃から心に余裕を持って生活したいと思いました。

ブックマークや他 おすすめのリンク

Copyright (C)2017こんな時どうする?離婚の危機.All rights reserved.