こんな時どうする?離婚の危機

離婚においては、親権者を決めることがあります。子供が未成年か成人しているかによって違いがあります。

離婚において親権者を決める必要性

子供がいれば子供を育てる義務があるでしょう。これは人間だけでなく、動物においても言えることです。動物の中には生まれてすぐに立つことができて、ある程度の生活ができるものもいます。しかし、卵の状態で生まれてきて、何もわからないまま自然に育っていくものもいます。それぞれの動物の世界があるのです。人間においては、多くの社会においては親が育てることになります。何らかの理由で親がいない場合は親の代わりの人が行います。

親は父親と母親の2人です。2人で協力をして子育てをすることになっています。離婚をした場合はどのようにして子育てをするのでしょうか。当然生活がわかれることになります。でも、子供にとってどちらも生みの父親、母親であることには代わりはありません。ここで問題になることとして、親権者になります。こちらをどちらにするかを決める必要があるとされます。では、子供がどのような状態でも親権者を決める必要があるのかです。

生まれたての子供も子供ですし、還暦を過ぎたとしても子供になります。こちらにおいては、未成年の子供の場合とあります。あくまでも子育ての部分になりますから、すでに成人している場合はどちらに親権者としての権利があっても良いのでしょう。でも未成年の間は、子供が何かをした時には親としての責任を果たさなくてはいけません。ケースとしては母親が得る場合が多いようですが、父親が得ることもあります。複数人いる場合は、それぞれで得ることもあります。

ブックマークや他 おすすめのリンク

Copyright (C)2017こんな時どうする?離婚の危機.All rights reserved.