こんな時どうする?離婚の危機

離婚をするときに証人が必要とされています。条件は20歳以上かどうかで、結婚の証人と同じでなくても良いです。

離婚をするときの証人は誰か

何らかの約束などをするときに、誰かに証人になってもらうことがあるかもしれません。友達同士のちょっとしたことのこともあれば、重大なこともあります。立会人となると、さらに重要な役割を持っているような人のようにも思えます。保証人はその人の代わりにもなることがあります。借金の保証人になると、本人に変わって返済をしなければいけないことがあります。安易に引き受けたために、後で困ることもありますから、覚悟をして決めます。

離婚をするときには、証人が必要とされています。2人必要で、署名と捺印をしてもらいます。どういった人にしてもらえばよいのでしょうか。婚姻の時にも証人がいます。この時と同じ人でないといけないかです。必ずしもその必要はありません。して欲しくてもすでにいなかったり、近くにいないこともあります。わざわざお願いするのも大変になります。別途別の人にお願いしてもよいことになっています。では全く条件はないのでしょうか。

条件は一つだけあって、20歳以上かどうかです。その条件を満足していれば、両親や兄弟、親族、友人などでも構わないとされています。証人になるにあたっては、そこに名前が残ることに不安があるかもしれません。しかし、そちらについては特に心配する必要はないようです。その場のその行為を見届けたくらいの意味合いですから、後で何かを問われるようなことはありません。依頼する方は依頼しにくいこともあります。親族関係が多いようです。

ブックマークや他 おすすめのリンク

Copyright (C)2017こんな時どうする?離婚の危機.All rights reserved.