こんな時どうする?離婚の危機

離婚届については、本籍地に出すのが一般的な処理です。しかし遠くにある場合は、戸籍謄本添付でどこでも行えます。

離婚届についてどこで行うか

自分自身に関係する住所としてはどういったところがあるでしょう。まずいま住んでいるところがあります。住民票があるところといえるでしょう。その次に登録上の籍があるところです。これは本籍地と言われます。戸籍の登録をしているところで、こちらは必ずしも住んでいるところと同じとは限りません。親元が変わらない場合、そのままになっていることもあります。家庭を持っていたりすればそこから引っ越しなどをしないことからそこを本籍にすることもあります。

運転免許証においては、以前は本籍地と現住所を表示するようになっていました。今は現住所の身になっているでしょうか。履歴書などでも本籍地と現住所を記入させていましたが、今は現住所のみのこともあります。個人情報の部分です。離婚届を行うとき、どこで行うか疑問に思うことがあります。結婚の届けについては、自分の戸籍について変化が起こることです。そのことから本籍地において行うことがあるでしょう。では解消する場合はどうかです。

解消する場合においても、本籍地において行うこととはなっています。しかし、必ずしもそうしなければいけないとはなっていません。他の地域においても行うことができるとされています。本籍地以外で行う場合は、戸籍謄本を添付する必要があるとされています。それによって、本籍があるところにおいて処理がなされるのでしょう。本籍地が遠いところにある場合、できるだけ早く届けを出したいと思うときは、近くで行うことが多そうです。

ブックマークや他 おすすめのリンク

Copyright (C)2017こんな時どうする?離婚の危機.All rights reserved.