こんな時どうする?離婚の危機

離婚届においては、二人で行く必要はありません。どちらかが必ず行く必要もなく、代理人に依頼もできます。

離婚届は二人で行かなければいけないか

結婚している人においては、結婚の届けはどのようにしたでしょうか。今は恋愛結婚をする人が多いと思います。となるとウキウキしながら結婚をすることになります。やはり特別な日を決めて、二人で一緒に行くのではないでしょうか。平日しかできないわけではなく、常に行うことができるとされています。365日、24時間です。ですから1月1日の0時に行うような人もいるようです。最初の記念ですから、そういったことでも気になりません。

離婚の時の届けについてはどうでしょうか。円満の場合であれば、お互いに話し合うことができます。形として別々になっても、一緒に生活をしたり、仕事を一緒にしたりすることはあります。一方で、裁判などをしないといけない場合だと、かなりいがみ合うこともあります。お互いの顔を見たくないとの人もいます。となると、二人で届けをするのは難しいように思います。結婚もそうですが、こちらにおいても必ずしも二人で行うものではありません。

では、一方が必ず役所にいかなければならないかですが、そうでもないようです。何らかの理由で二人とも行けない場合があります。この時には代理人に依頼をして行ってもらうことができます。もっと簡単に行う方法としては、郵送でも行うことができるとされています。すべてが決まって、その後のことについてわざわざ役所に行くのも大変だと思うのであれば、それを郵送して処理を済ませてしまっても良いのです。あまりこだわりません。

ブックマークや他 おすすめのリンク

Copyright (C)2017こんな時どうする?離婚の危機.All rights reserved.