こんな時どうする?離婚の危機

離婚をした時、戸籍の筆頭者はそのまま戸籍を維持します。親の戸籍に戻ることはできません。配偶者が抜けます。

離婚をした時戸籍の筆頭者はどうなるか

結婚をすることで新しい戸籍が作られます。初婚同士の場合、おそらくそれぞれ親の戸籍に入っていたでしょう。それが結婚によって新しい戸籍が作られることになります。この時、最も最初に記載されている人が筆頭者になります。夫婦であれば、多くは夫になるのでしょうが、妻が筆頭者になることもあります。それに関しては、結婚の時に決めることになるのでしょう。単なる力関係などではなく、合理的な判断で決めていくことになるでしょう。

離婚をするとなると、結婚をしてできた戸籍から誰かが抜けることになります。この時残るのは筆頭者になります。この人の戸籍はそのままです。この場合に親の籍に戻ることはなくなります。そのままその籍を維持することになります。そのことから夫のほうが筆頭者になることがあるのかもしれません。妻の場合には、通常は抜けることで親の戸籍に戻ることが多いからです。歴としては残りますが、筆頭者としてあるよりも良いと思うのでしょう。

その後も自分の籍として使うことができますから、特に手続きなどをする必要はありません。住所に関しては、必ずしも住んでいるところでなくても構いませんから、そのまま変更しなくても良いことになります。妻に住宅を渡して自分が出て行く場合、妻が住み続けるところが本籍になることがありますが、それ自体も特に問題はありません。問題はありませんが、妻の方から変更してほしいと言われるかもしれません。ややこしくなるからでしょう。

ブックマークや他 おすすめのリンク

Copyright (C)2017こんな時どうする?離婚の危機.All rights reserved.